地方在住の編集者日記

地方出版社に勤める編集人が記すへっぽこ編集日記。 夜中のハイテンションで書いた文章は、 朝読むとひたすらにもんぞりかえってしまう。 そんな文章、目指してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在磐梯生息中

200606241739302
20060624173930
本日は福島が名所の一つ、磐梯の猪苗代湖近辺に仕事できています。     天候はまさしく晴天そのもので、少し小高いところに登れば、猪苗代湖全体が見えるほど。
ということで、今回モブログでお送りする写真は、猪苗代湖全景…、ではなく、その小高い丘で見つけた五輪塔です。
建立は1658年。戦国時代にこの付近を支配した猪苗代盛胤を偲んで建てられたものです。
スポンサーサイト

埼玉県の不思議事典-新人物往来社-

久しぶりの更新です。

今日は調べもので地元図書館に。

望んでいた資料が、あったりなかったりとしたのですが、それは横に置いて、今回、興味深い書籍を見付けました。

金井塚良一・大村進編「埼玉の不思議事典」です。
両氏ともに歴史関連の書籍を出されています。特に金井塚良一先生は、さきたま資料館館長、埼玉県立博物館長等を歴任され、武蔵野古代史を題材とした多くの書籍などに、金井塚氏の論文、著書が必ず参考文献として挙げられる程、埼玉の歴史に深く関わっている著名人です。

まだ上記の書籍を軽く流し読みした程度ですが、この書籍は埼玉県の多くの歴史名所や民俗に関する一つ一つの事項を「●●の謎」として提示して、それを紐解いていくという手法をとっています。
一つ一つの内容が頁数の問題と幅広く取り扱っているためか正直少し物足りない感じがしますが、むしろこの物足りない的な内容は、深い部分を読者自身に調べさせようと喚起させるためだと思います。

このような読者自身にも話しに参加させ、より面白い話へと発展させようとする方法は、まさに地方出版が出す書籍のお手本とも言えるのではないでしょうか。(この書籍の出版は新人物往来社です。もろ中央都心に在する出版社ですが…)

この書籍を読んで、埼玉の各所を巡った方も多いと思われます。

発行は2001年11月。今まで知らなかったのが、地方出版の編集として恥ずかしい限りだったりします。


 | HOME | 

Calendar

« | 2006-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

編集ビト

編集ビト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。